北欧の色見本帳

輸入家具のなかでも根強い人気を持つ産地としてデンマーク、スウェーデンはじめとした北欧が挙げられます。ベーシックなデザインと落ち着いた色合いのテイストが私たちの趣向にあっているようです。この度、計画中のプロジェクトで必要となり、北欧の塗装見本帳を取り寄せました。Natural Color System はスウェーデンのストックホルムのNCS COLOR AB社で製造、販売されているカラーシステム。ヨーロッパを中心に広く普及しており、中でもスウェーデン、ノルウェー、スペインなどではナショナル・カラー・スタンダードに指定されています。グレー系やアイボリー、ライトブラウンなど微妙な色合いが魅力的です。日本塗料工業会やドイツRALCOLOURS、DIC,パントーンなど塗装部の収納棚には50種類を超える色見本帳が常時出番を待っておりますが、そこに新たな役者が増えました。色見本帳とはいえ、1冊4万円。経理スタッフはビックリしていたように、なかなか理解しにくいコストバランスかもしれません。しかしながら、数値では伝えることが難しいのが色のイメージ。30センチ×45センチで厚み3センチは口頭で伝えることはできます。では、コピー用紙の色合いをことばで正しく伝えることは?発注者の頭の中にある色のイメージを共有するツールが色見本帳なのです。棚の上で休んでいる間もなく、週明け早々にお呼びかかりました。早速、活躍してくれるようです。